着圧レギンス 入浴ダイエット 効果

着圧レギンスで入浴ダイエットを行う効果とは?

着圧レギンス,入浴ダイエット,効果

 

着圧レギンスでの入浴ダイエットの効果は、冷え性改善があります。

 

着圧レギンスを履いて入浴をすると、血行が良くなって血の巡りが良くなります。

 

末端まで血が届くようになって、冷え性が改善されます。冷え性が改善されると、身体の芯がしっかりと温まります。

 

身体の芯が温まると、脂肪が燃焼されやすくなりダイエット効果が得られます。

 

身体の芯を温めるには、熱いお湯に入ると一気に身体が温まると考えてしまいます。

 

しかし熱いお湯であると、長時間浸かる事が出来ないです。

 

身体の芯が温まる前に、お風呂から出てしまう事になります。

 

身体の芯まで温めるには、温かいくらいのお湯に長時間浸かる必要があります。

 

入浴をするとリンパの流れが良くなり、その結果としてむくみが解消されます。

 

むくみが解消されると、体内に溜まっていた老廃物が外部に排出されやすくなります。

 

着圧レギンスでの入浴ダイエットでは、劇的に体重を落とす事は出来ないです。

 

時間をかけてゆっくりと痩せていくダイエット方法になり、体質自体を変えるダイエット方法になります。

 

結果が出るまでに時間がかかるが、痩せやすい体質に変わるのはリバウンドがしずらくなります。

 

長期的に見ると、非常に優れているダイエット方法です。

着圧レギンスで入浴ダイエットをする際の温度とは

着圧レギンス,入浴ダイエット,効果

 

入浴ダイエットを行う時には、入浴時間が長いと効果が高くなると思っている人が多いです。

 

確かに長時間入浴をすると、体温が上がって汗も沢山掻くため痩せやすくなるかもしれないです。

 

しかし脱水症状や体調不良やのぼせや肌荒れの原因になってしまいます。

 

着圧レギンスで入浴ダイエットを行う場合は、長過ぎない20分程度が丁度良いです。

 

着圧レギンスで入浴ダイエットを行う時の温度は、20分前後入浴する必要があるため38度から40度にしないとのぼせてしまいます。

 

お風呂に入って体が休息している時に反応する副交感神経という神経系が一番刺激されて、働きが活発になるためこの温度が最適です。

 

副交感神経の働きが活発になると、身体の代謝が上がり身体に脂肪が付きにくくなりセルライトの予防や解消効果がより高くなります。

 

38度から40度のぬるま湯では普段の入浴の温度が高いため物足りないと感じる人もいるが、そのような人には熱めのお湯である42度くらいで10分間入ります。

 

温度を高くしたら、入る時間を短くします。

 

このように、普段気持ち良いと感じる程度の温度にする事です。

 

そうすると、着圧レギンスで入浴ダイエットを続けて行っていく事が出来ます。

着圧レギンスで入浴ダイエットを行う時の注意点

着圧レギンス,入浴ダイエット,効果

 

着圧レギンスで入浴ダイエットを行う時の注意点は、汗を沢山掻くためしっかりと水分補給をする事です。

 

マッサージを行うと入浴時間が長くなり、半身浴の効果で汗を掻き易くマッサージを行うと汗を掻き易いです。

 

水分不足にならないために、水分補給をしっかりと行います。

 

着圧レギンスで入浴ダイエットを行うと、急激に血流が良くなります。

 

マッサージを行うと、更になりやすいです。

 

急激な血流の上昇は、心臓に負担がかかりやすいです。

 

体調が崩れない場合や持病がある人等は、充分に注意をします。

 

そして、苦しく名たら無理に続けて行わずに直ぐに中止をします。

 

食後は胃腸に血流が集中していて、消化活動をしています。

 

そこで着圧レギンスで入浴ダイエットを行うと、全身に血行が巡ります。

 

胃腸の働きが悪くなり、消化不良になる恐れがあり気を付けます。

 

また飲酒後は入浴をするのも危険で、飲食後と飲酒後は着圧レギンスでの入浴ダイエットは行わないように注意をします。

 

お風呂の温度はなるべくぬるま湯にする事で、ぬるま湯に入ると副交感神経が優位になってリラックスして安眠効果があります。

 

熱いお湯であると、交感神経が優位になって脂肪は燃焼しやすくなるが安眠が出来なくなります。

クリスチャンスキニー着圧レギンスの通販購入はこちら!トップページへパツパツの太股がコンプレックスの方、下太股のセルライトやむくみが気になる方は、トップページでクリスチャンスキニーの詳細をチェックしてみてください。