太もものセルライトの予防方法

太もものセルライトを予防する方法

太もも,セルライト,予防,方法

 

このページでは、下半身太りに悩む女性の多くが気になっている、セルライトについて紹介します。セルライトの種類やできる原因、解消・予防方法をまとめていますので、下半身ダイエットに取り組む際の参考にしてみてください^^

セルライトとは?

太もも,セルライト,予防,方法

 

運動不足以外にも、食生活に問題がある場合や仕事上の関係で歩く時間が長いと、太ももにセルライトが出来てしまう原因となります。

 

セルライトの種類

セルライトは、いくつかの種類に分ける事ができ、一般的に多いタイプは老廃物と脂肪細胞が絡まった状態のものです。このタイプが一番多い種類で、全体の50%を占めるといわれます。また、脂肪細胞とコラーゲン繊維によるセルライトタイプは、全体の約10%にあたります。

 

見た目がボコボコしてしまう原因は、老廃物を含んだ脂肪細胞が、ほかの皮下脂肪を無理に引っ張っているためです。そのため、リンパマッサージやエステなどで使用される専用機器の刺激によって、脂肪細胞と老廃物の絡まりが弱くなっていき、回数を重ねる毎に次第に目立たなくなる特徴があります。

 

セルライトを撃退するには

セルライトの種類はいくつかありますが、セルライトを撃退する場合や予防する場合には、必ず自分のセルライトタイプを把握しておく事が重要です。特にセルフマッサージや家庭用エステ機器を使う場合には、どのタイミングで行うのかという点も考えましょう。

 

内臓脂肪とは異なり、皮下脂肪に分類されるセルライトは消しにくいため、予防対策のストレッチや部位別のリンパマッサージを行なって予防対策をしましょう。

セルライトを除去するマッサージ

太もも,セルライト,予防,方法

 

まず、セルライトを除去するマッサージの決まり事を2つ紹介します。

 

1つ目の決まり事

一つ目の決まり事は、リンパマッサージを行いたい部位とその周辺部位が、温まっているタイミングで行うという事です。冷えている状態よりも、温まっている状態の方が血液の流れが良くなりやすく、リンパにも老廃物を流しやすくなるメリットがあるので、必ず温まった状態で行いましょう。

 

2つ目の決まり事

二つ目の決まり事は、リンパマッサージを行う際の方向に関してです。マッサージを行う際は、末端部分から心臓方向へと向かって行います。リンパマッサージに関しても同様に、リンパに沿った状態で末端部分から、リンパが集まる場所へと向かって流すようにします。

 

リンパマッサージの基本は、足先から付け根にあるリンパ節に向かって行います。手のひら全体を使って、強い痛みを感じない程度に圧をかけましょう。強過ぎる圧をかけてしまうと、人によっては内出血が起きてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

その他の注意点

その他の注意点は、マッサージを行う部分に、オイルやマッサージ専用ジェルをつけ忘れないようにしましょう。肌の上を滑らせながら揉むため、必ずオイルなどは必要になります。ストレスを強く感じている方は、使用するオイルやジェルに、アロマを数滴入れるなどの工夫をしましょう。

 

セルライト除去に効果的なマッサージ

 

太もも,セルライト,予防,方法

 

それでは、セルライトの除去に効果が期待でき、お風呂上りに自宅で簡単に行えるマッサージケア方法を紹介します。

 

@オイルを手に取る。オイルがない場合は滑りの良い化粧品でも構いません。
A手のひら全体で包み込むように、足首から太股の付け根まで手で3回流す。爪が皮膚に当たらないように注意します。
B足の指と指の間を流す。親指側から順番に行い、手の親指で足首側に向かい3回ずつ流す。
C内側と外側のくるぶしに手の指を引っ掛け、自分側に向け3回流す。
D鎮静の意味でAをもう一度行う。
E手の親指以外の指を立て、足首の裏から膝の裏までの中央ラインに圧を加えながら3回流す。
F手のひらを上に向けてグーにする。
G手の指の第二関節が当たるように、ふくらはぎを外側から内側に6回擦り上げる。
HGと同じ要領で、太股の裏側と表面全体を6回ずつ擦り上げる。
I手の指で足首からふくらはぎ、太股を3往復つまむ様に滑らせる。
J太股の外側を、親指とそれ以外の指でつまみ親指を流す。これを一か所につき3回、気になる場合は上下2段に分けて複数ヶ所行う。
K太股内側もJと同様に行う。
L最後にもう一度、鎮静の意味でAを行います。
M@〜Lを反対の脚も同様に行う。

 

以上のマッサージ方法や注意点を意識し、効率よくセルライトの解消にチャレンジしてみて下さい^^

太ももを伸ばすストレッチ

太もも,セルライト,予防,方法

 

太もものセルライト予防に適したストレッチ方法として、座った状態で太ももの内転筋と裏側を刺激するストレッチを行いましょう。

 

内転筋部分のストレッチ

内転筋部分のストレッチは、足の裏を合わせた状態で踵を股に近づけて、上体を前側に倒します。息を吸った後、吐くタイミングで上体を倒すのがベストです。ゆっくりと呼吸をし、約10秒程で上体を戻します。1日に数回リラックスしているタイミングで行いましょう。

 

太ももの裏側のストレッチ

太ももの裏側のストレッチは、階段などの高低差を利用したり、立った状態で上体を前側に倒すストレッチがあります。

 

高低差を利用する場合

高低差を利用する場合は、伸ばしたい方の足を数段上に踵だけを乗せます。そして、もう片方の足で身体のバランスを保ちながら、伸ばしたい方の脚は膝が曲がらないように伸ばします。太ももの裏が引っ張られている感覚があれば問題なくストレッチが行えている証拠です。

 

立った状態で行う場合

立った状態で行う場合は、一般的な前屈と同じ方法ですが、勢いをつけないようにゆっくりと上体を前屈させるように注意しましょう。勢いをつけてしまうと、筋肉を痛める原因になります。

 

また、呼吸に合わせてストレッチを行う際も、息を吐くタイミングで太ももの裏側を伸ばし、10秒程度キープをしてから元の状態に戻るようにしましょう。

セルライトを作らない食事

太もも,セルライト,予防,方法

 

セルライトを予防するためには、ストレッチだけでなく食事内容にも注意する必要があります。例えば、女性の場合は月経前の過度な飲食は避け、塩分の強い食事は食べない事が大切です。また、ホルモンバランスが崩れやすい時期の場合も、食事に注意しましょう。

 

特に野菜などを摂取する機会が少ない方や、炭水化物やお菓子などを多く摂取している方も食事内容の見直しが必要です。

 

セルライトができやすい人の食事

セルライトが出来やすい方の多くは、体脂肪が多く毎日の食事内容が偏っており、摂取カロリーが一日の消費カロリーを上回っている状態と言えます。ビタミンや酵素を意識して摂取する事で、血液中に含まれる糖質が必要分だけに留まり、結果として血流も良くなるなどのメリットも得られます。

 

セルライトを予防するには

セルライトを予防するにあたって、基本的な炭水化物の摂取量は、握り拳分程度となります。また、炭水化物を摂取する前に野菜などを摂取し、血糖値が急激に上がらないように工夫することも必要です。

 

仮に、必要以上のカロリーを摂取した場合には、次の日の食事でカロリーを抑え軽く運動をしましょう。運動後は必ずストレッチを行い、筋肉の緊張を残さない事も大切です。筋肉の緊張を残ったままにすると、血流やリンパの流れが悪くなり、セルライトが出来る原因になります。

クリスチャンスキニー着圧レギンスの通販購入はこちら!トップページへパツパツの太股がコンプレックスの方、下太股のセルライトやむくみが気になる方は、トップページでクリスチャンスキニーの詳細をチェックしてみてください。