脚が太くなる歩き方

脚が太くなる歩き方紹介

脚,太くなる,歩き方,脚痩せ,美脚

 

脚が太くなる歩き方を紹介してみます。ご自身が脚痩せに良くない歩き方をしていないかチェックしてみてください^^

歩くスピードが早い

脚,太くなる,歩き方,脚痩せ,美脚

 

脚を細くするためにウォーキングをしているという場合、注意が必要なのが歩くスピードです。なんとなく速く歩けば、それだけ運動効果が上がると考えて、早歩きを心掛けているという方もいるかもしれません。しかし、その考えは間違いです。

 

確かに歩くスピードを早くすると運動効果自体は上がるのですが、この時に使われているのは筋肉の中でも速筋と呼ばれる部分です。速筋は瞬発的な動きに使われる筋肉で、脂肪燃焼を促進する遅筋ではないため、鍛えれば鍛えるほど太くなってしまいます。

 

つまり、細くしようと思って歩くスピードを速めた結果、逆に筋肉が鍛えられて、太くなってしまうことになるのです。特にふくらはぎに筋肉がつきやすいため、注意が必要です。

 

また、速く歩くということは自分の歩き方に注意が向きづらいということでもあります。そのため、間違った歩き方をしていても気づかないままということが考えられます。間違った歩き方を続けると、脚が太くなるだけではなく、変な筋肉の付き方をしてしまったり、膝や腰への負担が大きくなってしまったりする可能性が出てくるのです。

 

このようなことから、歩くスピードを早くするのは脚を細くしたいという目的とは逆効果となってしまうと言えるのです。

つま先に重心を掛けて歩く

脚,太くなる,歩き方,脚痩せ,美脚

 

ハイヒールなどヒールの高い靴をはくと、ふくらはぎが太くなるという話を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、これはつま先に重心がかかった状態で歩くことになるからだと言えます。普通に立った状態からつま先に重心をかけるようにしてみると分かりやすいのですが、その状態になると必ず前傾姿勢になってしまい、ふくらはぎで体全体を支えることになるはずです。

 

つまり、ヒールの高い靴をはいているというのは、ふくらはぎだけが勝手に鍛えられている状態なのです。

 

またこの時、ふくらはぎの筋肉は不自然に伸び縮みが行われてしまいますので、無駄な筋肉がついて不恰好になりやすいといえます。

 

もしも、特に運動をしているわけでもないのにふくらはぎの筋肉だけが異常に発達しているというのであれば、重心がどこに掛かっているのかを確認してみるとよいでしょう。

 

ヒールの高い靴をよく履くという方はもちろんですが、あまりヒールの高い靴を履かないという場合でも、早歩きなどをしていると人によってはつま先に重心が多く掛かっていることも考えられます。

 

このような場合は、かかとに重心を掛けるように心掛けるようにするとよいでしょう。かかとから脚を下ろすようにすることで、ふくらはぎが自然に伸び縮みしますので、無駄な筋肉がつかずすらりとしたふくらはぎを手に入れることができるのです。

猫背や背中を丸めて歩く

脚,太くなる,歩き方,脚痩せ,美脚

 

脚が太くなる原因は歩く時の姿勢も大きく関係しています。姿勢と脚の太さはあまり関係ないと考えてしまいがちですが、実際には脚の太さで悩んでいる人の大半が猫背や背中を丸めて歩く癖を持っているのです。

 

なぜ猫背や背中を丸めて歩くことが脚を太くするのかというと、姿勢が悪いと内臓を支える筋肉が衰えて、本来あるべき場所ではない位置に内臓が下がってしまうからです。

 

内臓が下がると骨盤が圧迫されて、歪んでしまいます。特に女性は出産のために骨盤が男性よりも開きやすくなっていますので、日常の姿勢の悪さで歪んでしまいやすいのです。

 

骨盤が開くと、その形に合わせて脂肪や筋肉がつくようになるため、お尻や太ももが太くなってしまいます。

 

また、大きな血管やリンパ管が太股の付け根にはありますが、余分な脂肪や筋肉がついてしまうことで、その流れが悪くなってしまうのです。そうなると、下半身の血流が悪くなり、本来全身を循環して排出されるはずの水分や老廃物が下半身に溜まりやすくなるのです。

 

そうして蓄積された水分や老廃物はむくみやセルライトの原因となり、脚が太くなってしまうのです。

 

このようにまったく関係ないと思われがちな悪い姿勢は脚を太くする原因となるのです。

過度の内股が癖になっている

脚,太くなる,歩き方,脚痩せ,美脚

 

女性らしい歩き方として人気の高い内股は、確かに可愛らしくみえるのですが、内股は脚の外側に大きな負荷をかける歩き方でもあります。

 

そのため、あまり過度の内股が癖になっていると、知らない間にふくらはぎの外側だけを鍛えてしまうということになり、見た目にも目立つほど外に大きく張り出した不自然なふくらはぎが出来上がってしまうのです。

 

また、姿勢の悪さと同様に内股歩きも変に膝を曲げて歩くことになるため、骨盤を歪ませてしまう原因となります。そうなるとやはり骨盤が開いて、太りやすい下半身になってしまいますし、血液やリンパの流れが悪くなり、むくみや冷えから脚が太くなってしまうのです。

 

このように内股は脚を細くしたい時には絶対に改善すべき歩き方と言えるのですが、自分で内股にしようと思ってしているのであれば、すぐにそれをやめることで、それ以上脚が太くならないようにすることができますが、その歩き方が癖になっていると自分ではなかなか気づきにくいものです。

 

もしも、自分の歩き方がどうなっているのか分からない場合は、靴底を確認してみるとよいでしょう。この時、靴底の外側だけがすり減っていれば内股になっている可能性が高いといえます。

クリスチャンスキニー着圧レギンスの通販購入はこちら!トップページへ大根脚の太い脚がコンプレックスの方、下半身デブ体型が気になる方は、トップページでクリスチャンスキニー着圧レギンスの詳細をチェックしてみてください。